セイオウボ(Camellia japonica)

‘西王母’
幕末の頃に 金沢で誕生したとされ
中国の神話に登場する仙女の名、
3千年に一度実を結ぶという不老不死の霊薬と言われた桃のように
ふっくらとした花の形から呼ばれたともある。

花の名の由来には、
それぞれ興味深く印象深いものも多い。
名前を知りたかっただけなのに、
いつの間にか由来の元の話を読みふけってしまう

EPSON scanner image

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *