ドウダンツツジ (Enkianthus)

亡くなった奥様の丹精込めたお庭のお茶花を描いて欲しい
人づてにそう頼まれてたくさんの花の名前を預かり
一つ一つの花の名前を確認したり、由来を調べたり
手元にスケッチのあるものはそれを見ながら仕上げていきます。

 

家の周りは地理的にも山野草が多いうえ
ご近所の庭先の花はお茶花も多く
馴染みのあるものがほとんどです

お茶花はその時手に入る最高のものをお客様に用意する「こころ」で
季節をあらわすもの、お客様に由来のあるもの、
丹精してやっと咲いたものなど、
花の珍しさ、美しさのみでなく、それにまつわる物語、
そこから始まる対話が大切なのだと以前聞きました。

この花達が咲く庭を手入れされる旦那様が
ご友人と奥様を想いながらご友人にお話しされる、
そしてそこから新しい思い出が加えられていくのでしょう。

21doudantutuji001

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *