ホトトギス(Tricyrtis hirta)

そろそろ夏も終わりかなと思う頃
野山に艶やかでいて控えめな色をつけて和ませてくれる

初めて見たのは散歩の帰り道の近所の空き地
蘭のような花姿で野生で咲いてることにとても驚いたのを覚えている
見るからにお茶室に似合いそうな色合いは
いくら眺めても飽きさせない

ホトトギスは日本固有種で、
花被片の斑点が杜鵑の胸の模様に似ていることに由来した名前だとか
卯辰山に杜鵑の鳴く声がしなくなった代わりに
山の上で花が風に揺れて季節の変わり目を知らせている

EPSON scanner image

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *